スルスルこうその口コミ

酵素ダイエットの仕組み

スルスル酵素に限らず、酵素ダイエットの仕組みについて説明します。

そもそも酵素とは何か知っている人は少ないです。酵素のイメージで多くの人が思い浮かべるのは洗剤だと思います。テレビCMで「酵素の力で汚れを落とす」と何十年も放送していますよね。実は洗剤で使われる酵素とダイエットの酵素は同じなんです。ザックリ言えば余分な物を分解する働きをしてくれるものです。

酵素の働きは摂取した食べ物を栄養素ごとに分解します。食べたものをブドウ糖やアミノ酸、脂質酸など体の形成に必要な材料に作り変えてくれます。

酵素は体内で作り出してくれるものなんですが、加齢とともに徐々に作り出す機能も弱くなっていきます。体内で作り出される酵素が少なくなってしまうので食べたものが充分に分解されない、代謝が悪い状態です。

ここで「補酵素」が必要です。酵素を補うにはビタミンやミネラルが必要です。
これらは糖質、脂肪、アミノ酸などをエネルギーに変える役割があるのですが、つまり代謝をよくするってことです。

ちなみに酵素が不足していると

・消化不良
・腸内環境の悪化
・血糖値、コレステロール値の上昇

などの健康悪化に繋がります。

酵素は

・食物酵素
・潜在酵素・・・消化酵素と代謝酵素

に分類されています。

酵素の種類


※食物酵素
食物酵素とは「生の食べ物」と「発酵食品」とで分かれています。

・生の食べ物:野菜、果物、生肉、生魚など
・発酵食品:味噌、納豆、ぬか漬けなど

これらの食物酵素が含まれた食べ物を加熱された食べ物と一緒に食べたら消化が良いのでオススメです。



※潜在酵素
酵素を自ら作り出す量は個人によって大きく差があることが最近の研究で分かりました。これは遺伝子による限界値です。この一生涯で作られる酵素を潜在酵素と言います。

潜在酵素は下記の2つに分類されます。

・消化酵素:毎日食べる食事を消化分解、吸収してくれる働きがあります。唾液や胃液に含まれるタンパク質を分解する酵素です。あと膵臓にある脂質を分解する酵素もあります。

・代謝酵素:新陳代謝を良くし、有害物質を汗や尿として排出する働きです。また免疫力を高めて自然治癒力も高めます。


つまり自分で酵素を作り出すには限界があって、元々たくさん酵素を作ることができる人も年々作れる酵素が減ってしまいます。それを食べ物で補うのが理想ですが、
必要摂取量も個人差があります。それに毎日の料理も大変・・・。

現実的にはサプリメントで補うのが簡単でオススメです。

単純に食べないダイエットは体調を壊します。健康にダイエットするにはしっかり食べてしっかり出すことがポイントですね。

 

サイトマップ